« 灼眼のシャナ 第8話「麗しのゴブレット」 | トップページ | 呟き-tsubuyaki- »

2005年11月28日 (月)

舞-乙HiME 第8話「運命の軛」

ついに物語が動き始めて来ましたね。
前回はアリカが燃えまくりな活躍でした。

次回予告から期待していた今回の話なんですが、
ぶっちゃけ期待していた内容よりは、下に行ったかな?
って感じでした。
ミユがアリカを慕っているのは良かったですが、
予想よりは、あまり驚ける場面が無かったです。
驚いたといえば、ミスマリアが急に登場した場面です。
マリアさんもハリーポッターのおばさん(名前忘)みたいな感じになったらいいなぁ・・・w
関係ないけど、ミスマリアのローブ姿を想像してみた(*´д`*)ハァハァ


すいません・・・


今回の話から推測すると、今後オトメ同士で戦うことになるのは、
避けられないようですね。

うわ~、、、鬱展開の予感・・・
絶対アリカVSニナになりますね・・・
ナギ黒い雰囲気がプンプンですもんw
まぁそれも面白いと思いつつも、ちょっと悲しい。。(;_;)
でも最後には共闘することになりますね。絶対。

ミドリちゃんなんかも出てきて、もうただの萌えアニメじゃなくなるね・・・
ゆかりんの声で、このセリフ・・・
違和感ありますw

そんなこんなで今回はここまで。
もうちょっとだけ萌え路線が続きそうなので、「ホッ」としましたw
まぁ萌え路線つっぱしられても困るけどw

最後に、見ていない人のために、画像も添えつつ要点チェーック!(ry

Cap001






待て!ガトー!


やべ・・・さっそく関係ないの出してしまったw
気を取り直して・・・

Cap002








「よし!これで大丈夫だ!」
まるで、不良友達の誘惑に負けて開けてしまったピアスの穴を、親や先生にバレないためにテープで隠す少年のようなアリカ。

Cap003







「あれで本人達は隠してるつもりらしいが・・・」

・・・バレてました。

Cap003_1






「ふさがせます?」

強行策にうって出ようとするシズルお姉様。
Cap004







「出来れば流れに任せてみたい。」
本人が自分で気付いて改心するのが一番。
さすが学園長。
「言われて直すのは簡単だ。だが、自分で間違いに気付かなければ、本当に反省したとは言えない。」
とでも言いたいのでしょう。

さて、学園長の粋な計らいは通ったのでしょうか。



Cap005











「うりゃうりゃうりゃ」


やっぱり罰を与えられてしまいました。ミスマリアでしょうか。
さすがの学園長も10歳以上も年上の人には逆らえませんね。
しかしアリカに反省の顔は無く、
「やってらんねえ。」
って顔をしています。

その罰もやっと完了して、寮に帰るアリカ。
しかし・・・・
Cap006








明らかに怪しい影がアリカの前に現れます。
Cap007




「オンドゥル!!」






急な出来事に驚きを隠せず、ガレリア語(嘘)が出てしまうアリカ。

果たして怪しげな影の正体は!?


Cap009





「久しぶりだなアリカ。」






Cap008











「・・・・・・・誰?」

つづく





すいませんでした・・・m(__)m

|

« 灼眼のシャナ 第8話「麗しのゴブレット」 | トップページ | 呟き-tsubuyaki- »

コメント

面白いね。

投稿: 名無し | 2005年11月28日 (月) 12時21分

要点チェックも面白いけど、
一番笑ったのはマリアのローブ姿に(*´д`*)ハァハァしてるとこw

投稿: 旭 | 2005年11月28日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2184/36247

この記事へのトラックバック一覧です: 舞-乙HiME 第8話「運命の軛」:

» うさぎ日記 [うさぎ日記]
ぴょん2よませてもらいました☆ [続きを読む]

受信: 2005年11月28日 (月) 17時11分

» (アニメ感想) 舞-乙HiME 第8話 「運命の軛」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
アリカとマシロの契約により物語が大きく動き出し始めたこのアニメ。全てはこれからと言った感じですね。正直かなり楽しみです。さて、今回もプッチャン達にお願いしましょうかね?好評だったかは定かではありませんが・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月 2日 (金) 03時25分

« 灼眼のシャナ 第8話「麗しのゴブレット」 | トップページ | 呟き-tsubuyaki- »